ストレッチの真実

ストレッチについて!!

よく整骨院、整体の先生にストレッチしてくださいなど言われた経験ありませんか?したほうが体にいい事は分かっているいる、けど実際どのような効果があるか、このストレッチでどこの筋肉が伸ばされているかなど分からない事の方が多いと思います。なので今回は何故ストレッチが体にいいといわれてるのか説明していきます。

ストレッチの効果 1<柔軟性>

久しぶりにストレッチをして前より硬くなってる経験ありませんか?運動不足や加齢に伴い筋肉の柔軟性は低くなっていきます。柔軟性が低下すると骨との付着部や腱の炎症が発症しやすくなり、関節、腰痛、肩こりの原因になります。ストレッチにより普段から筋肉の柔軟性を高めることに事により可動域を広げるだけではなく、日々の健康的な生活を送る上でとても大切です。

ストレッチの効果 2<血液循環>

ストレッチをすることで、体をの血液循環はよくなります。血液循環が良くなると酸素や栄養が体の隅々にいきわたる事により疲労物質は分解され、筋肉の再生が促進されます。肩こりや腰痛といった部分的な筋肉のコリ<硬くなってる部分>も血液循環が良くなることでほぐしてくれます。ストレッチは日々の疲れを取るのに欠かせない存在なのです。

ストレッチの効果 3<ストレス>

ストレスが溜まるとイライラしてたくさん食べたり、飲んだりしてしまう事ありますよね。これにもストレス効果は有効なのです。ストレスをすると感覚刺激が中枢神経に伝わり、リラックスした状態の副交感神経優位にしてくれます。毎日ストレッチをすれば、イライラしたり暴飲暴食に走ることが無くなります。ストレッチをして疲れのない健康的な生活を手に入れましょう!!