バランスのとれた食事にしてますか?

健康な体を手に入れるには、バランスのとれた食事が欠かせません、食事の栄養素はバランスよく取り込む事で効果的に働きます。栄養バランスとそれぞれの栄養素の役割を確認しましょう。

バランスのとれた食事

栄養バランスのとれた食事とは、米や麺などの<主食>をメインに、肉や卵、魚、などのたんぱく質が多く含まれている食材を使ったメインの<主菜>、たっぷりの緑野菜、海藻、キノコ、などの<副菜>そして味噌汁といった<汁物>を組み合わせた和食理想的です。そしてそれぞれをバランスよく摂取すれば、バランスのとれた食事になります。

バランスよくするポイント

バランスよく食事をするには、まず3色の食材のを使ってみましょう。3色とは・・・

・ごはん、うどん、パン、パスタ、そーめんなどの炭水化物+糖質中心のもの<黄色>

・肉、魚、大豆、卵などメインのおかずになるタンパク質中心のもの<赤色>

・野菜、海藻、キノコなど使った副菜を<緑色>これらの3色を取り入れた食事をとりましょう。

3色の役割

黄色・・・黄色のグループはご飯やパンなどのいわいる炭水化物です。炭水化物は、体に吸収されると糖質にかわります。この糖質は、体や脳を動かすエネルギー源です。しかしエネルギーが使われず残ってしまうと脂肪として体に蓄えられます。余分な炭水化物のとりすぎは、太る原因になるので摂りすぎは辞めましょう。

赤色・・・赤色のグループは、肉や魚などのタンパク質が多く含まれた食材です。タンパク質は体に吸収されるとアミノ酸に分解されます。アミノ酸は、筋肉、髪の毛、内臓、爪などの成分であり、免疫細胞やホルモンも作ってくれてます。タンパク質が不足すると免疫機能低下により体調を崩しやすくなったり、筋肉が衰えたり、髪や爪が乾燥したりさまざまな体の不調につながるのでしっかり肉、魚、大豆など食べましょう。

緑色・・・緑色のグループは、野菜や海藻などのビタミやンミネラルが多く含まれた食材です。ビタミン、ミネラルは他の栄養素がうまく働ための補助的な役割があります。こグループ食材は、カロリーが低いものが多いので、たくさん食べて満腹感を出すようにすると、カロリーの摂りすぎ防止にもなりますし積極的にたべとぃきましょう。